■PROFILE

minori

  • author: minori
  • 1970年生まれ。広島県在住。ホームページ「写真100枚」もやっています。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
  • 桂浜 (11/27)
  • 四国88箇所73番出釈迦寺 (09/19)
  • 日勝峠 (07/18)
  • 霧多布岬 (07/17)
  • (04/24)
  • ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    最近の梅酒たち
    2005年と2006年に作った梅酒

    2006年の梅酒はあまり気に入ってなくて、ほとんど飲むことなく季節は過ぎていたのですが、先日、知り合いの方々と1泊2日で温泉に出かけたとき、持っていって飲んでいただいたところ、意外にも好評。自分でも飲んでみて、作った当初の目論見どおりに甘めなおいしい梅酒になっていることが判明。

    梅酒の出来具合を判断するのは、作って1年後の秋くらいがいいみたいです。2006年の出来が今いちと思い込み、何となく今年は作らなかったのが悔やまれるところ。

    最近の梅酒たち↓。左が2006年梅酒、右が2005年梅酒。
    umesyu0506.jpg

    さらに熟成されていくのを楽しみたいと思います。

    スポンサーサイト
    梅酒と梅ジャム | 22:10:22| Trackback(0)| Comments(0)
    今年の梅ジャム
    梅の実の季節が終わってしまってる7月、去年も作った梅酒の梅ジャムをまた作ることにしました。

    2006年の梅酒から取り出した梅たち。
    しわしわになっている梅がたくさんありました。
    umejam07.jpg

    作り方は、砂糖の量を100g少ない200gにしたほかは、去年とほぼ同じ。
    砂糖の量を減らしたのは、梅酒を作るときは砂糖を多めにして、蜂蜜を入れたりもしたからです。

    瓶2つ分の梅ジャムになりました。
    umejam072.jpg

    煮詰め過ぎたのか、若干固めな気もしますが、梅の味と甘みがちょうどよいおいしいジャムになりました。

    ジャムサンドを作りたいです。

    梅酒と梅ジャム | 01:23:56| Trackback(1)| Comments(0)
    2005年の梅酒と2006年の梅酒
    また、八百屋さんの店先に梅が並ぶ季節が巡ってきました。

    2005年の梅酒は、基本に忠実に作った梅酒。今も大事に少しずつ飲んでいます。
    umesyu10.jpg

    2006年の梅酒は、蜂蜜を使ったり、南高梅を使ったりして1年目と違う味を目指しました。
    umesyu11.jpg

    どちらがおいしいかというと、今のところは、明らかに2005年の方。熟成期間の違いなのか材料の違いなのか。

    過去2年の梅酒がまだあるので、今年もまた作るか、それとも違う果実酒にするか、迷ってるところです。


    梅酒と梅ジャム | 21:11:08| Trackback(0)| Comments(0)
    2006年の梅酒解禁
    6月に作った今年の梅酒。暖かいというより暑い日が続いてますが、もう秋も半ば、解禁することにしました。

    久々に見てみると、上の方は梅酒らしく色づき、下の方はまだそうでもない感じでした。
    umesyu08.jpg

    水割りにして飲んでみたら、意外と酸味があって、作るとき目指した「去年より甘い梅酒」とはちょっと違いました。まだ糖分が溶け切ってないのかもしれません。
    umesyu09.jpg

    まあ、去年の梅酒の残りを最近飲んでみたら明らかに去年よりおいしくなってたので、今年の梅酒についても、時の経過とともに味わい深くなるのを楽しみたいです。

    梅酒と梅ジャム | 20:49:29| Trackback(0)| Comments(0)
    2回目の梅酒
    去年の梅酒の梅での梅ジャム作りが無事達成できたので、心は今年の梅酒へ。

    梅の実を買いにいったところ、「今週末か来週が旬!紀州南高梅」の文字が目に入りました。去年は確か普通の青梅で作ったのですが、「旬」ということで、今年は紀州南高梅で作ることに。

    (作った手順)
    1.梅1kgのへたをつまようじで取り除きました。
    2.梅を水洗いして、キッチンペーパーで水気をとりました。
    3.洗ってホワイトリカーで拭いて内側を殺菌した酒瓶(4ℓ)に、梅と氷砂糖800gと蜂蜜をいれ、ホワイトリカー1.8ℓを注ぎ入れました。
    umesyu07.jpg

    去年の梅酒は意外と甘くない梅酒だったので、今年は氷砂糖の分量を増やし、蜂蜜も入れてみました。飲めるようになる3か月後が楽しみです。

    梅酒と梅ジャム | 21:07:03| Trackback(0)| Comments(0)
    梅酒の梅で梅ジャム(本番)
    梅酒を作った日から1年ちょっと。
    梅を引き揚げるタイミングとしては遅いのかもしれないですが、梅ジャムを作ることにしました。

    umesyu06.jpg

    漬かっている梅たち。今日で見納め。

    約1年前に練習したので、2度目の梅ジャム作りです。

    (作り方)
    1.梅酒から菜ばしで取り出した梅の実60粒くらい(約1kg)を水で煮て沸騰させ、しばらくしたら湯を捨てる。これを3回。
    2.柔らかくなるまで梅を煮る。相当長いこと煮ました。
    3.ざるにあげて梅の水気を切り、種を取り除き、フライパンで砂糖300gくらいを加えながら煮詰める。

    とろりとジャムらしい出来上がり。びん3個分になりました。
    umejam06.jpg

    umejam062.jpg

    甘すぎず、固すぎず、食感滑らかな梅ジャム。アルコールの気配も完全に消えていました。

    店頭に梅が並ぶ季節。今年もまた梅酒を作りたいですが、梅ジャムもまた作りたいです。

    梅酒と梅ジャム | 23:54:19| Trackback(0)| Comments(0)
    梅酒解禁
    1か月以上前のある日、久しぶりに梅酒を見てみました。

    umesyu04.jpg


    漬けて3か月は過ぎており、もう飲んでもよさそうな感じ。
    解禁することにしました。

    umesyu03.jpg


    意外と甘くない梅酒でした。
    熟成されていくさまを何年もかけて味わっていきたいと思います。

    梅酒と梅ジャム | 17:37:38| Trackback(0)| Comments(2)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。