■PROFILE

minori

  • author: minori
  • 1970年生まれ。広島県在住。ホームページ「写真100枚」もやっています。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
  • 桂浜 (11/27)
  • 四国88箇所73番出釈迦寺 (09/19)
  • 日勝峠 (07/18)
  • 霧多布岬 (07/17)
  • (04/24)
  • ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    すもも酒のすももジャム
    去年の6月に作ったすもも酒

    見た目は鮮やかな赤、甘そうなわりにさっぱりした果実酒です。

    漬かっているすもも(ソルダム)をジャムにすることにしました。

    作り方は、梅酒の梅ジャムと基本的に同じ。違うのは、すももの皮をむいたところと、砂糖が80gなところ。

    出来上がったジャムも、お酒と同じく、きれいな赤い色でした。
    sumomojam072.jpg

    味は、梅ジャムに似ていて、甘さと酸味がちょうどよいおいしいジャムです。

    量は瓶半分くらい、すぐなくなりそうです。

    スポンサーサイト
    ちょっと果実酒 | 01:37:39| Trackback(0)| Comments(0)
    すもも酒解禁
    すもも酒。6月に作り、気がつけばもう3か月経っているので、解禁することにしました。

    かなり色鮮やかで、おいしそうになってました。
    sumomosyu2.jpg

    水割りにして飲んでみました。氷砂糖や果糖を入れずに作ったので、甘みはほとんどなく、さっぱりした味。ガムシロップ1つを入れてもまだ大して甘くないくらいでした。

    色がきれいなので、見てるだけでも何か心地よくなってくる果実酒でした。
    sumomosyu3.jpg


    ちょっと果実酒 | 20:57:26| Trackback(0)| Comments(0)
    モカと果糖のコーヒー酒
    実は、コロンビアと氷砂糖でコーヒー酒を作った1週間後、モカと果糖でもコーヒー酒を作りました。

    作って3週間後、解禁してみました。
    coffee3.jpg

    やはり牛乳割りにしました。
    coffee5.jpg

    氷砂糖で作ったコーヒー酒と違って、糖分が溶け切っているのか、より甘くて飲みやすい味でした。


    ちょっと果実酒 | 20:52:06| Trackback(0)| Comments(2)
    コーヒー酒の牛乳割り
    コロンビアと氷砂糖で作ったコーヒー酒、1か月経ったけど、まだ氷砂糖が溶け切っていません。でも、飲んでみることにしました。
    coffee2.jpg

    カルアミルク風にしようと思い、コーヒー酒1に対して牛乳2の割合で牛乳割りにしてみました。
    coffee4.jpg

    コーヒー牛乳みたいでした。飲みやすくておいしかったです。控えめに甘さもありました。


    ちょっと果実酒 | 20:47:26| Trackback(0)| Comments(0)
    南高梅の梅ジャム2回目
    紀州南高梅の梅ジャム、ちょっと甘すぎでした。

    ジャムが甘いのは普通のことなのですが、このままでは後悔するような気がして、また作ることにしました。梅の季節が終わろうとしている6月の末のことです。

    作り方と梅の量はほぼ1回目と同じで、砂糖を500g弱くらいにしました。びん4個分くらいできました。
    umejam067.jpg

    好みの甘さのジャムになり、満足しました。

    ジャムサンドにしたり、ヨーグルトに入れたり、梅ジャム生活を今も堪能しています。

    ちょっと果実酒 | 20:30:45| Trackback(0)| Comments(0)
    コーヒー酒
    甲類焼酎のすべてで紹介されている果実酒レシピの中で、以前から気になっていたのがコーヒー酒。一体どんな味になるのか。

    別のサイトによると、酸味の強い豆で作るといいらしいです。
    (コーヒー豆に酸味が強いとか弱いとかあることを知りませんでした。)

    職場の近くの喫茶店に豆を買いにいき、お店の人に聞いて、「コロンビア」という豆を選び、作ってみました。
    coffee.jpg

    豆をフライパンで炒り、熱いままホワイトリカーに入れてしまいました。冷ました方がよかった気がします。

    3週間で飲めるようになるそうです。カルアミルクみたいにして飲んでみようと思います。

    ちょっと果実酒 | 22:26:38| Trackback(0)| Comments(4)
    紀州南高梅の梅ジャム
    梅酒の梅の梅ジャムにはまっています。

    味も良いですが、作る過程も、丸い梅の実がころころとかわいらしくて、煮るとき・煮詰めるときの甘酸っぱい香りが心地よくて、とても楽しかったです。

    今年の梅酒の梅を引き上げる1年後まで待てないので、今週で旬が終わるという紀州南高梅で、梅ジャムを再度作ることにしました。

    (作った過程)
    1.梅を水洗いして、へたをつまようじで取り除き、一晩(まる1日)水につけてあく抜きしました。
    umejam064.jpg

    2.あく抜きした梅を水で煮て沸騰させ、皮がむけてきたら火を止め、煮汁を捨て、水を注いで2時間あく抜きしました。
    3.ざるにあげて梅の水気を切り、種を取り除き、フライパンで砂糖を何回かに分けて加えながら煮詰めました。

    煮詰めてる途中、何度か味見。「酸っぱい、砂糖投入!」「まだ酸っぱい、砂糖さらに投入!」と、どんどん砂糖を足してゆき、最終的には700gくらい砂糖を入れたため、結構、固めの出来上がり。量もかなりの量になりました。
    umejam063.jpg

    味は、砂糖たっぷりなので、すごく甘いです。甘さ的には、梅酒の梅の梅ジャムの方が好みですが、南高梅ジャム、パンに塗るとなかなかおいしく、作ってよかったです。

    ちょっと果実酒 | 00:20:32| Trackback(0)| Comments(2)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。