■PROFILE

minori

  • author: minori
  • 1970年生まれ。広島県在住。ホームページ「写真100枚」もやっています。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
  • 桂浜 (11/27)
  • 四国88箇所73番出釈迦寺 (09/19)
  • 日勝峠 (07/18)
  • 霧多布岬 (07/17)
  • (04/24)
  • ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    車で交響曲
    しばらく前に観た映画「砂の器」。

    映画を薦めてくださった方から、劇中で演奏される交響曲「宿命」のCDをお借りしたので、聴きながらドライブすることにしました。

    どこに向かうか。映画では、村を追われた父と息子が、日本海沿岸、山村などを巡って放浪の旅を続ける場面で流れる曲です。

    日本海は遠いので、山へ。灰が峰に向かうことにしました。

    小雨が時折降る中、出発。
    山道に入ると、やがて後続車も対向車もほぼない状態に。心細い空気をあおるように響く「宿命」。

    重苦しい雰囲気に包まれ、普段考えることない自分の人生について考えてみたりもしつつ、上を目指しました。

    展望台は霧がかっていて、神々しい感じでした。
    haigamine2.jpg

    「宿命」は、思った以上に、人の気配のない小雨の山道に似合っていました。

    帰りは、楽しい気持ちで運転したくなり、いつもの音楽で帰りました。

    また、人生を考えたくなったら、聴きながら運転してみようと思います。

    スポンサーサイト
    車と過ごす日々 | 00:27:49| Trackback(0)| Comments(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。